1000分の1秒で評価する衝突安全性能——日産の安全なクルマづくりの舞台裏

1000分の1秒で評価する衝突安全性能——日産の安全なクルマづくりの舞台裏

#日産では、すべてのモデルを対象に、前面衝突、側面衝突、後面衝突をはじめとする複数の事故を想定して、厳しい衝突安全実験を実施しています。

中でも「日産アリア」には、「日産リーフ」同様、法令基準よりも厳しい安全基準を設定。

「『アリア』はさまざまな市場で発売されるので、開発の初期段階から発売までに400回以上の衝突実験を行う予定です」(パッシブセーフティ評価グループ・田邉玄氏)

日産は、さまざまなシーンで「クルマが人を守る」という「セーフティ・シールド」のコンセプトに基づき、危険を予防、回避し、万が一の衝突時には、乗員を守り、被害を軽減する安全技術の開発を進めています。

▼詳しくは、日産ストーリーズ をご確認ください。
https://global.nissanstories.com/ja-JP/releases/crash-testing-the-ariya

▼「日産アリア」Webカタログ
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/ariya.html

MY/SS

プログラミングカテゴリの最新記事