ほとんど同じ意味だけど、アメリカ人は〇〇を使う(Absolutely, Definitely, Certainly, TotallyとFor sureの微妙な違い)

Absolutely, Definitely, Certainly, Totally, For sureは非常によく似た意味を持つ表現で、どれも「絶対に」や「確実に」といった意味で使われますが、ネイティブはこれらをどのように使い分けているのでしょうか?今回は、ネイティブ講師のKelly先生と一緒に、この5つの言葉の使い分けについて話し合います。

📝今日のレッスンのまとめ📝
===================================
1. Intro 00:00
2. Absolutely, Definitely, Certainly, Totally, For sureの中で一番よく使うのは? (0:53)
3. Absolutely, Definitely, Certainly, Totally, For sureの違い (3:05)

<動画に協力してくれた先生の紹介>
👩 Kelly
https://cafetalk.com/tutor/profile/?id=223911&lang=ja

**「部下・上司」を英語で何という?**
「部下」を和英辞書で調べると“subordinate”と訳されていますが、アメリカ人が職場の部下について話をするときにこの言葉を使うことは実はありません。今回は、ネイティブ講師のKelly先生と一緒に、アメリカ人が“subordinate”を使わない理由、そして「部下」を表現する時に使う最も自然な言い回しについて話し合います。hhttps://youtu.be/Wyu1MZVHAKo

===================================
☆【Hapa Buddies】Hapa英会話オンラインコミュニティ
英語が好きな仲間と一緒に楽しく英語を学びませんか?
https://hapaeikaiwa.com/buddies/

☆インスタやツイッターでも日常会話で使える実践的なフレーズを毎日投稿しています!
 ・インスタ: https://www.instagram.com/hapaeikaiwa
 ・ツイッター:https://twitter.com/hapaeikaiwa

☆ Spotifyオリジナル番組「English Mindset」
英語力ゼロで海外に飛び出したアスリートやクリエーター、留学経験なしの経営者などをゲストに迎え、インタビューを通して英語習得のカギとなった彼らの思考ロジックに迫る番組。 http://spoti.fi/HapaENGLISHMINDSET
 
☆【Hapa英会話Podcast】生の英語を楽しく学べる
毎週金曜日、台本を一切使わないアメリカ人のリアルな日常英会話を配信。
http://hapaeikaiwa.com/podcast/

#Hapa英会話
#日常英会話
#ロサンゼルス

英会話カテゴリの最新記事