異文化理解のフレームワーク「ホフステードの6次元モデル」を知り、「CQ(文化知性)」を開発する〜石井由香梨(リンクォード CEO, Co-Founder)

異文化理解のフレームワーク「ホフステードの6次元モデル」を知り、「CQ(文化知性)」を開発する〜石井由香梨(リンクォード CEO, Co-Founder)

グロービス ヒトFG勉強会
「日本の文化次元を学び、CQ(文化知性)を開発する」
(2022年4月4日開催/ZOOMオンライン)

CQ(Cultural Intelligence)とは「文化背景の異なる人々と協働し、成果を出す力」を指す。グローバル経営が浸透する現代においては、多くの組織のリーダーに求められる思考と行動のフレームワークであり、方法論である。CQは誰でも開発・改善できるケイパビリティであり、Google、Starbucks、Coca Cola、ハーバード大学、米国陸軍特殊部隊などでCQを伸ばす取り組みが行われている。本動画では、CQを用いた組織/人材開発コンサルテーションを展開する株式会社リンクォード CEOの石井由香梨氏に、
・CQとは?
・日本の文化次元は?
・日本は外国人(インド人)にどう見られている?
・日本で外国人が生きるとは?
などについて伺う。(肩書きは、2022年4月4日開催時点のもの)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※「異文化理解」についてもっと学びたい方は、GLOBIS学び放題で!
「異文化理解力」➡https://hodai.globis.co.jp/courses/e8ad13e6#utm_source=youtube&utm_medium=chikenroku3
「海外で結果を出す人は異文化を言い訳にしない」➡https://hodai.globis.co.jp/courses/86d333ce#utm_source=youtube&utm_medium=chikenroku3
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※本動画は、グロービスで「ヒト」の研究開発を行なう組織の「ヒト・ファカルティ・グループ」が、社内向けに開催したものです。

石井由香梨(株式会社リンクォード CEO, Co-Founder)
太田昂志(グロービス・デジタル・プラットフォーム)

00:00-オープニング
00:35-リンクォードの概要説明
05:33-CQ(Cultural Intelligence Quotient:文化知性)とは
18:04-日本の文化次元とは~ホフステードの6次元モデル
40:40-日本は外国人、特にインド人からどのように見られているのか
45:53-日本で外国人が生きるとは?日本での差別経験など
59:49-差別が起こりやすい日本の文化傾向
01:03:30-質疑応答

GLOBIS知見録
ウェブ:http://globis.jp/
ツイッター:https://twitter.com/
アプリ:http://yapp.li/go/globis

#グロービス #石井由香梨 #CQ

プログラミングカテゴリの最新記事